風速計/風向風速計
風速計No.23-SP-7は、風杯型パルス式の発信部とアナログ型指示器の受信部から構成する、弱風から強風までを観測する警報付の指示風速計です。発信部は、風杯の回転を光センサでパルス列の電気信号に変換し、この信号は電源に重畳して受信部へ送出されます。
受信部はこの信号を受信し、瞬間または平均風速から任意の測定モードを選択して、指示・風速警報検出機能により風の観測を行います。
指示器外観図発信器外観図

特長

指示器により、2設定点の風速警報検出値を任意設定し、警報接点出力が得られます。
風速測定モードはスイッチの切替により、瞬間風速⇔平均風速を任意に選択することができます。
発信部取り付けは差し込み式なので、2インチガス管を立ててその上部に差し込むだけで良く、着脱が簡単。(オプションで従来のフランジ取り付け型も可能。)

スペック

発信器
型式 風杯型パルス式(18PPR)
距離定数 6.0m以下
耐風速 80m/s
出力信号 二線式(無極性) 電源重畳
ケーブル 0.75mm²×2C MVVS L=20m (標準)
延長: 回線抵抗100Ωまで無調整で延長可
指示器側回線調整により0.9φ 回線で最大約30km(約1.7kΩまで)
耐サージ 誘導雷などによるサージ保護回路内蔵最大電流耐量: 10kV 8/20μs
環境条件 -30〜+70℃
寸法 φ312×324H mm 重量: 約2.2kg(標準ケーブル含む)
外装処理 メラミン焼付塗装仕上(風杯除く) 外装色: マンセル値5Y 8/1.5近似
指示器
型式 屋内用壁掛け型指示風速計(警報付)
測定範囲 1.0m/s〜40m/s
精度 10m/s 以下のとき: ±0.5m/s 以内
10m/s 超過のとき: ±5% 以内
測定モード 瞬間風速⇔平均風速スイッチ切換選択
警報検出 0〜30m/s 間LO / HI の2設定点設定ダイヤルによる任意設定
設定条件: HI側設定はLO側設定値を超えた値であること
警報出力 警報接点形態: トランスファ接点(LO / HI 各1)
警報接点容量: AC250V DC30V ・5A (抵抗負荷)
警報表示 内蔵ブザー鳴動: LO側設定検出時−緩断鳴動
HI 側設定検出時−急断鳴動
電源 100V AC±10% 50/60Hz
消費電力 約1.0W
接続端子 ハーモニカ型端子結線ビス: M3
耐サージ 信号入力部に誘導雷等のサージ保護回路内蔵最大電流耐量: 10kV 8/20μs
環境条件 -30〜+70℃ 98% rh (結露しないこと)
寸法 200W×270H×120D mm 重量: 約3.7kg
外装処理 メラミン焼付塗装仕上外装色: マンセル値5Y 7/1

注) 本風速計の発信器出力は、電源重畳信号ですので発信器単体での使用は出来ません。

価格

社内検査(税抜き) \200,000
気象庁検定(税抜き) \225,000