風速計/風向風速計
No.23-ST-7風速計発信器は、風杯による風速感部と直流発電器による発信部、信号を伝送するケーブルにより構成されます。
発信部は、感部の風杯が回転して検出する風速信号を、発信部の直流発電器によりDC信号に変換出力します。

発信器外観図

特長

発信部取り付けは差し込み式なので、2インチガス管を立ててその上部に差し込むだけで良く、取り付け・取り外しが簡単。(オプションで従来のフランジ取り付け型も可能です。)
風杯の樹脂化により風杯回転軸が軽く回るようになり、起動風速が低減し、また風速変動に対する追従性も向上しました。

スペック

型式 風杯型風速計(直流発電式)
測定範囲 2m/s〜70m/s
出力信号 0m/s〜70m/s、0〜7V.DC(負荷インピーダンス100kΩ)
耐風速 80m/s
取付方式 ①標準時
2吋支柱射込み式 適用径…φ60.5(SGP 50A 相当品)
②オプション選定時
11/2吋支柱射込み式 適用径…φ48.6(SGP 40A 相当品)
その他 指定サイズ径
③フランジ取付選定時
オプション取付フランジ付属 φ140d×70.5H×φ110PCD
環境条件 -30〜+70℃(内部結露しないこと)
寸法 324h×φ83×φ312(風杯回転径)
重量:約1.5kg(付属ケーブル除く)
材質 風杯:ポリカーボネイト樹脂
本体:AC7A(アルミ合金鋳物)
外装処理 メラミン焼付塗装仕上(風杯除く) 外装色:マンセル値 5Y 8/1.5近似
ケーブル 0.75mm²×2C シールドケーブル L:20m(標準)
最大延長距離:100m

価格

社内検査(税抜き) \80,000
気象庁検定(税抜き) \120,000