株式会社大田計器製作所は、創業以来気象観測機器製品の自社プロデュースとアフターサービスの徹底に力を入れています。

個人情報保護方針よくあるご質問
株式会社大田計器製作所サイト内
OW-RFI-01
降雨強度センサ

詳細 比較表
OW-RFI-05
降雨強度センサ

詳細 比較表

OF-LOG-RAIN
雨量ロガー

詳細
OF-LOG-860
風向風速ロガー

詳細

OF-MP1
日射計セカンドクラス

詳細
OF-H2013
感雨計

詳細

 
OF-40-DG24
簡単に取付可能な風向風速計

詳細 使用例 比較表



降雨強度センサ
本計器は、従来の転倒ます型雨量計(感部)に降雨強度(※1)演算部を内蔵し一体型として、感部により計測する0.1mm毎の雨量パルス信号を6分間サンプリング・積算してリセットされる直前の値(降雨強度)を次にサンプリング間ホールドし、以後反復します。ホールドされた降雨強度値は相当する階段状のアナログ信号として変換出力します。また、演算部の制御回路により任意の警報値を設定することで、設定値を超えると警報制御出力の接点がONとなります。この接点にアラームやパトライト等を接続して、警報としてご使用いただけます
※1 降雨強度とは雨の降り方の強さを表す単位時間内の降水量で、降雨がこのままの強度で降り続いた場合1時間あたり何mmの降雨に相当するかをmm/hの単位で表したものです。

外観図

特長

従来の降雨強度センサは、定期的な灯油交換が必要でしたが、転倒ます型雨量計を採用したことにより、当該作業を不要としました。
灯油を使わず、転倒ます型雨量計を採用したことにより、測定強度値の限界を大幅に向上しました。
出力信号は、6分間積算値を次の6分間ホールドし、0〜100mm/h /4〜20mAの階段状アナログ信号(1mm/h 相当毎ステップ)を出力します。
警報制御出力の設定は本体カバー内部の設定スイッチにより1〜9mm/h(B:10〜90mm/h)間任意に設定可能です。
パルス出力(オプション)により、通常の転倒ます型雨量計として降雨量の計測が可能です。
ゲリラ豪雨等の急激な降雨モニタに最適です。

スペック

検出部(本体)
型式 降雨強度センサ No.OW-RFI-01
受水口径 口径:200mm±0.6
感度 一転倒=0.1mm
測定精度 20mm/h 以下:±0.5mm, 20mm/h超過:±3%以内
寸法 h450×φ216 mm
重量 約2.6kg
胴体仕様 PC マンセル値5Y6/1近似値
付属ケーブル 0.75mm²×5C MVVS 20m(0.75mm²×2C MVVS 20mm:パルス出力オプション選定時追加)
演算部
測定範囲 0〜100mm/h 最小単位:1mm/h
サンプリング 6分(水晶タイマ)
使用電源 DC24V〜26V(無降雨時センサ到達電圧)
供給側許容最大電圧:32V
消費電流:20mA min.〜60mA max. (降雨強度値により変動)
電源ラインループ抵抗:100Ω以下
アナログ出力 4〜20mA / 0〜100mm/h
サンプリング時間内(6分)に100mm/hを超過する降雨強度を計測した場合は、その時点で99mm/hに相当するアナログ値(19.84mA)を出力します。
電流出力ラインループ抵抗600Ω以下(ライン抵抗+負荷抵抗)
出力精度±0.02mA
警報制御出力 無電圧メーク接点(設定値以上を検出すると接点ON)
サンプリング時間内(6分)に100mm/hを超過する降雨強度を計測した場合は、その時点で警報設定値にかかわらず接点をONにします。
接点容量: DC30V/1A max(抵抗負荷)
設定: カバー内部設定スイッチによる
設定範囲:(A:1〜9mm/h 1mm/h単位 B:10〜90mm/h 10mm/h単位)
使用温度範囲 0〜50℃
パルス出力
(オプション選定時)
出力信号:リードスイッチによる無電圧メーク接点
接点容量:25W(DC30V、1A max)
出力感度:1パルス/0.1mm
接点作動時間:0.1〜0.2秒

価格

社内検査(税抜き) ¥210,000  パルス出力オプション(税抜き)¥40,000


  by Adart link Page Top
Copyright & Copy; 2013 Ota keiki seisakusho co., ltd. All rights reserved.